スケルトン・ハンド(すけるとん・はんど)

スケルトン構造を持つ指針のことです。

針の後ろ側の文字盤が動きに応じて変化しながら見えることになります。また骸骨や骨格に似た形状の針を呼ぶこともあります。