オイスターケース(おいすたーけーす)

オイスター・ウォッチ・カンパニーが開発した後にロレックス社が1926年に特許を取得したケース形状のこと。

金属の塊から削り出すことにより優れた防水性と耐圧性を実現しています。商標登録もされており、今やロレックスの代名詞となっています。