カバード(かばーど)

「フーテッド」と呼ばれることもあります。ケースとブレスレッ卜の接続部分をケースと同素材の金属部品でカバーしたモデル。

1930年から1940年代のアンティークモデルの中で採用しているものが存在しています。