バブルバック(ばぶるばっく)

パーペチュアル(自動巻き)の初期モデルは手巻き時計に比べて部品の数が多い自動巻き機構(主としてローター)をケースに収めるため裏蓋を膨らませた形状となっています。

この形状はバブルバックと呼ばれています。